×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

横浜市の地方公務員になろう

横浜市の人口は約360万人で、東京に次いで全国第2位です。横浜市役所は巨大な組織ですし、非常にやりがいのある職場だと思います。この横浜市役所に就職するには採用試験に合格しなければなりません。採用試験に合格しても必ず横浜市役所に就職できるとは限りませんが、退職数が予めわかっているので必要な人員数だけ合格になるわけですね。で、採用試験に合格すれば横浜市役所に即就職できます。

横浜市役所の面接対策には 知らないから落ちる面接の4点減点法! が必携です。

必ず読んでくださいね。

就職で人気職種の地方公務員

今、最も人気のある職種に公務員があります。公務員には国家公務員と地方公務員があります。中でも、地方公務員の人気は高いですね。首都圏の横浜市役所はどうなんでしょう。ミナトヨコハマのイメージは東京を上回るものがあると思います。さて地方公務員の人気の秘密です。理由は色々ありますが、給料が高値安定、リストラの心配なし、天下り先が確保されている。そして国家公務員と比べて、転勤の負担が少ないこと、コレも大きなメリットです。地方公務員は、地方へ行けばケッコウ大きな雇用機会を提供しています。民間企業は少ないし、国家公務員の地方採用枠よりも地方公務員の採用枠の方が大きいですからね。人気職種は、求人求職雑誌やインターネットで特集があります。見た目華やかなファッション、マスコミ関係とか、あるいは安定第一の公務員です。東京都と並んで横浜市役所への就職は、超人気で超ムズです。横浜市のイメージもサイコーですよね。

横浜市役所の就職試験情報

横浜市役所では、就職セミナーを開催しています。横浜市政の概要など横浜市についての様々な資料は、横浜市庁舎1階案内所・市民情報センターにあります。横浜市役所では国際貢献活動や民間企業などの経験で培った専門的な知識、柔軟な発想力、サービス意識、コスト意識を活かして横浜市政で直ちに活躍できる人材を求めるため、社会人採用試験を実施しています。この社会人採用を含め横浜市役所の採用試験を受験するには、各試験・選考の申込方法に従って申込みをします。大概はインターネットと郵送で受付します。申込みの詳細については、大学卒程度等採用試験の場合は4月下旬以降、高校卒程度、医療技術など採用試験の場合は7月上旬以降にホームページで見られます。受験案内は横浜市役所の出先機関で受け取ることができるほか、郵送での請求も可能です。さすがに横浜市は採用試験においてもオープン度が高いです。日本一の好感度都市のひとつです。

地方公務員試験の面接対策には 知らないから落ちる面接の4点減点法! が必携です。

合格! 不合格! の分かれ道です。必ず読んでくださいね。